2009年04月09日

西部ガスと西部ガス設備点検株式会社

うちは最近やっと、都市ガスになりました。

そしてある日、ガス設備安全点検のお知らせのチラシが。
とある一日の午前中を、ほぼ一方的に指定して訪問したいとのこと。

都市ガスにして1年もたたないので、早いなあと思いながらも、
3年に一度の法定点検であれば仕方がないので、
その日時に家族に在宅してもらうことにしました。

で、その日私が帰宅すると…
すごく立派なガス漏れ警報器が取り付けられていました。
確か、熱やCO2も感知する最上級クラスのモデル…



「この警報器、無料なの?」
「いや、15000円を後で振り込むことになってる。」

「え、何で買ったの?」
「法律で決まってますが、つけますかつけませんかと言われて…」

「この自治体は、台所の場合は法律の義務じゃないよ。」
「…」

「都市ガスにしたときに、これを導入するかどうかは検討したよ。
プロパンに比べて都市ガスは、栓までにいくつか安全装置が
あるから、いらないって話になったじゃない。」
「そうだった。でも法律だって言われたから…」

「そうだとしても、ここから定価で買わなくても、ほかで安く買えるよ。」



すぐに点検会社(西部ガス子会社)に電話して事情を伝えると、
「ガス漏れ警報器は強制ではなく任意。法律の義務だというのは間違っている」と、
すぐに別の担当の方をよこして、取り外して帰ってくれました。
(もちろん、壁にビス穴開いたままですけど…)

一番の問題は、点検担当者のセールストークの内容、
それと、それにのってしまったうちの家族です。
しかし、法定点検の担当者にこのようなセールスを奨励するというのは???

点検は西部ガスに委託された会社が行いますが、
そこらの会社への委託ではなく、西部ガスの100%子会社ということでした。

こちらとしても、保安を目的にした法定点検だから、
頼りにして家にあげざるをえないわけですけど、
こういうやり方いったいどうなんでしょうか。


別のブログでは、こんな本音も↓
http://setsubiyanourabanahi.seesaa.net/article/22407056.html
posted by クレーマーちゃん? with フェアユースはウェルカム at 21:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

mixi by 岡田斗司夫さん

岡田さんがmixiの対応に不信を抱いた件が
一部で話題沸騰なので、便乗してトラックバック。
コメント欄もないような卑劣ブログですが、
よろしくお願いしたい……

テーマはまさにこのブログで書いているようなことだし、
岡田さんも、こういうことが実際に起こると、
みんなにもっと知ってほしいとのこと。

詳しくは
http://okada.otaden.jp/e30864.html
posted by クレーマーちゃん? with フェアユースはウェルカム at 01:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミングスーン(多分)

カミングスーン(多分)

・頭にきた順

NTTぷらら (憲法違反を総務省から指摘されたすごいプロバイダ)
日本学生支援機構 (社会保険庁なみの無能機関であるため特記)
--いわゆる壁--
--過ぎたこと--
東京ディズニーランド ※解決
ホンダアクセスとホンダ販売店 ※解決
Sofmap ※解決
三井ダイレクト損保 ※解決
Sony ※解決
@nifty
ヤマト運輸 ※解決
オリコカード(オリエントコーポレーション)
Edy(ビットワレット) ※解決

・もとから期待などしてない順
役所
地元のタクシー会社 ※解決
XREA
GMOインターネット
さくらインターネット
ベスト電器
タグ:予告編
posted by クレーマーちゃん? with フェアユースはウェルカム at 01:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱UFJニコス

結論から言うと、解決はしなかったものの、よく対応してくれた例です。



最近はブログでもわかるように、クレジットカードの整理を熱心やってまして、
ニコスもまあ、あんまり使ってない部類のカードだったんですが…
東急カードと同じように、ネットで明細などを見るためのIDを持ってたんですね。

である時、ログインも何もしてないのに、
パスワードが無効になりましたというようなメールが来たんです。
そこのシステムは、数度パスワードを間違えるとロックがかかって、そうなるわけです。
なので初めのうちは、こういうシステムってあるよな〜的に、
普通にサイトにロック解除しにいって済ませていました。




そしたら、まったく同じことが、2ヶ月で5回以上も起こったんです!

「めんどくせ〜、自分のIDと勘違いして誰かパスワード打ちまくってるな?」
実際ニコスはその時、ネットIDを登録しましょう!とかいうキャンペーンを
大々的に張っていたので、単に、はた迷惑だなと思いました。
ここのパスワードロックを解除するには、IDの再登録とほぼ同じように、
カード番号とかいくつもの項目を入力しないとだめなんです。

そしてついにある時、私の手が電話機に向かいました。
「夜中の4時にパスワードロックだと???」





「すみませーん、パスワードロック連発で困ってるんですが、誰かが間違えてるんですかねー」
「そうですか、かもしれませんね。
実はID登録しましょうキャンペーンをやってまして、他にも同じようなお問い合わせが…」

「どうしたらいいですかね」
「IDをわかりにくいものに変えられてみてはどうでしょう?」
「……」

「確かにそうですけど、先にID取った人がこれだけ面倒受けて、なおかつ変更ですか?
それに、パスワードはともかく、IDもわかりにくいものにするなんて、非現実的。」
「……」

「でもまあ私も、ID変更が一番早いとは思いますよ。
そうしたら、このIDはもちろん再利用されませんよね?」
「いえ……」

「ニコスのIDの価値はわからんけど、
それだったら自分が欲しいIDに対して嫌がらせできるんじゃ?」
「……」

「何歩譲ってどれだけ手間かければ済むんでしょうか。」
「……」

「誰かが勘違いしてパスワード打ってるとかいうのも、私たちの憶測ですよね?
もしかしたら、悪意のあるプログラム的なものがやってるかもしれないし、
単にシステム内の不具合かもしれない。」
「……」

「どのへんからアクセスがあったかくらい調べれば当然わかるはずなのに、
でも、そんな面倒臭いことやれとは言わないでおいてやったのに、
言うにことかいて、ID変えてみれば?で案内終了か(本当の口調じゃないですよ、もちろん)」

これでやっと、この件を上へエスカレーションしてくれました。
まじめに対応したら時間がかかるとわかってますし、そう伝えられて電話を置きました。





そして待つこと2ヶ月以上……

機嫌が悪い日にでも、しこたま催促してやろうかと思っていた矢先に、連絡が!

「このたびは……大変お待たせして……それで実は……」
「はい」

「実は、悪意のあるシステム的なものからパスワード当たりを受けていたことがわかりまして……」
「え?誰かが自分のIDと思ってパスワード打ってました、とかいうレベルのことじゃなくて?」

「はい。どこからどのようにという正確なところまではわかりませんでしたが、
ほかにも同じようなアタックを受けているIDが…」
「(ああ、根本的な解決はしてないんだ) そうですか、
ここしばらくパスワードロックもかかってませんし(最低限の対策はしてくれたんだろう)、
今のところニコスIDでお金借りたりできるわけじゃないですしね。
状況がかなり具体化したので、こちらでも最大限注意するしかないですね。」

「はい…… カードにはもちろん、不正利用に対する保険もありますので……
今のIDも永久失効を希望でしたら、いつでもそのように……」
「ありがとうございます!」

そして最近のメールを注意深く見てみると、
アタックされたとはさすがに書いてないものの、
パスワード管理に関する注意喚起のメールが、
ニコスからメルマガ会員に向けて配信されているようでした。




まあ実際は、何にも問題は解決してないんですけどね。

IDとパスワードの組み合わせが盗み取られたら、
ほかで同じIDを使っていたりした時に大変です。
(でも、数十も組み合わせを使い分けてる人のほうが少数じゃ?)

しかもクレジットカードだったら、
このカードにアマゾンやヤフーから請求が来てるな、
なら、そこに同じ組み合わせでアタックだ!とか容易に想像はつきます。

肝心なのは、
不正利用に対してカード会社は当然こっちの味方だ!
これがひとまず担当者から感じられただけで、安心なわけです。
こんな当たり前のことを実感できないことが多くなってますよね。

しかし、
金融機関はネット以前から難しい対応をこなしてきただろうだけあって、
連絡してよかったなーと思う結果になることが多いですね。
こういう相手を本気で怒らせたら、きっとものすごく恐いんだろうな……
posted by クレーマーちゃん? with フェアユースはウェルカム at 01:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。